まだまだ滑れる、これからのスノーシーズン

まだまだ滑れる、これからのスノーシーズン

こんにちはスポマスタッフです。

いよいよ3月になり、三寒四温、暖かい日も徐々に増えて、スポマのある札幌も、徐々に春の気配が近づいてきています。

雪山の方も、降雪が少なくなり、雪のコンディションもハイシーズンとは異なり、ザラメ雪のコンディションの日も増えて来るでしょう。

一般に雪山のシーズンというと、やはり1月2月がメインですが、場所に寄っては5月のゴールデンウィークまで営業しているスキー場もあります。

今回は、まだまだ楽しめる春スノーボードの楽しみ方をご紹介します。

3月以降、小さいスキー場や、降雪の少ないスキー場は、徐々にクローズするスキー場も少なくありません。

しかし、多くのスキー場では、この時季から、春営業としスプリングチケットを販売するスキー場があります。

1月2月のハイシーズンより、リフトチケットが割引になり、お得な価格で滑ることが可能になります。

ゲレンデ自体も、ハイシーズンより空いていたり、気温も過ごしやすい中滑れたり、道中の道路も雪が付いていなかったりと実はスノーボードするには、いい時期なのです。

雪の増えていくハイシーズンなどと比べ、春営業では降雪の機会が少なくなり、スキー場の積雪もどんどん減っていきます。

積雪が減ると、沢や、尾根などの地形がハッキリ出るようになり、スキー場のコースもハイシーズンとは少し地形が異なってきます。

そうしたはっきりした地形を使って遊べるのも春スキーの醍醐味のひとつです。

スノーボードする中で、ジャンプにトライしてみたい、と思ってはいるけどなかなか大きなジャンプ台があるようなパークには入りづらいと思っている方も多いのではないでしょうか?

地形がはっきりすることで、コースなどに起伏が現れてきます。

そんな出てきた起伏を使ってジャンプなどの練習を始めるにはもってこいの時期になります。

暖かくなってくれば、雪も当然緩むので、シャバシャバで柔らかい雪になっているので、アイスバーンより転んでも痛くはないので、ゆっくり自分のスピードでトライしてみるのはいかがでしょうか?

また、春スキーで注意しておきたいことが、ボードのワックスです。

雪がシャバシャバになると、雪のコンディションによってはなかなかボードが滑らなくなることがあります。

ボードが滑らないと、余計な力が身体にはいり、ハイシーズンのフカフカな雪より滑っているよりも疲れてしまいます。

簡易用のスプレーワックスで構いませんので、滑走前にはしっかりとワックスをソールに入れてあげましょう。

もう少しこだわりたい方は、ホットワックスを入れた後、春用の生塗りワックスなども効果があるので試してみてはいかがでしょうか?

いよいよスノーシーズンも後半戦。

怪我のないように、思いっきり楽しんでいきましょう!

僕も明日は滑りに行ってきます!